岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 任意売却とは?基本的な仕組みやメリット・デメリットについて » 任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

競売よりも市場価格に近い金額で物件を売却できる

通常、住宅ローンの支払が滞ってしまった場合は、物件は競売にかけられます。競売では強制的に売却されてしまうので、売却金額に不満があっても物件を手放さなくてはいけませんし、安く買い叩かれやすいというのもデメリット。しかし、任意売却なら通常の不動産取引と同じ方法で売却できるため、競売に比べると市場価値に近い金額で物件を売却できる可能性があります。競売は一般的に市場価格の7割程度の金額で売却されるので、任意売却で少しでも高い金額で売却したほうが、任意売却後に支払う残債を小さくできます。

周囲に事情を知られずに済む

物件が競売にかけられると、その物件情報はインターネットや新聞などの広告媒体に掲載されます。そのため、周囲に住宅ローンを滞納していることを知られてしまうリスクがあります。しかし、任意売却なら通常の不動産取引と同じように販売活動が行われるので、周囲に住宅ローンの滞納を知られる心配がありません。万が一競売が始まった場合でも、任意売却についての合意を得られれば競売を取り下げることができ、取り下げられた競売の詳細情報は削除されるので人の目に触れる可能性を減らせます。

自分の意思で物件売却ができる

住宅ローンの滞納から物件の競売が始まってしまった場合、売却価格をはじめ、売却先、売却時期などの売却に関わる事項のすべては裁判所側が決定し、強制的に物件が売却されてしまいます。反面、任意売却なら、債権者の同意が必要になるものの、あとは一般的な不動産売買と同じように手続きを進めることが可能です。つまり、売却条件に自分の意志を反映させることができるので、自分の望んだ形に近い物件売却ができます。

持ち出し費用がかからない

任意売却は、手持ち金がなくても持ち出しが発生しないというのもメリットです。通常の不動産の売買では仲介手数料などの諸経費が発生します。また、住宅ローンの返済が停滞していた場合は、その分の管理費なども含まれます。しかし、任意売却の場合、それらの金額は物件の売却費用から差し引かれるので現金を用意しておかなくても大丈夫です。また、交渉次第では引越し費用として10~30万円を売却代金から確保することができる場合もあります。

任意売却のデメリット

信用情報機関に掲載される可能性がある

任意売却を行うということは、住宅ローンが滞納状態にある、ということです。任意売却を行うときや住宅ローンに限ったことではありませんが、ローンの滞納が3ヶ月以上となると信用情報機関に登録される可能性があります。信用情報機関に登録されると、およそ7年間前後は金融機関からの借り入れなどができなくなるという大きなデメリットがあります。

競売よりも手続きに手間がかかる

任意売却は競売を回避するためには便利な手段なのですが、手続きは競売よりも手間がかかります。競売であれば、すべての手続は裁判所側が行うので債務者側が行なわなければいけないことはほとんどありません。対して、任意売却の場合は不動産売却に関する手続きは基本的にすべて債務者自身がおこなう必要があります。

債権者や連帯保証人の同意が必要

住宅ローンを借りる際に連帯保証人を立てていた場合には、任意売却を行う際に債権者だけでなく連帯保証人からの同意も得なくてはいけません。債務者が任意売却を希望していても、連帯保証人の同意が得られなかったり離婚などのために連絡がつかなかったりすると任意売却はできないので注意しましょう。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら