岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 任意売却とは?基本的な仕組みやメリット・デメリットについて » 任意売却にかかる費用はどれくらい?

任意売却にかかる費用はどれくらい?

任意売却に現金の用意はいらない?

結論から先に言うと、任意売却の際に費用は発生しますが、別途現金を用意しておく必要はありません。なぜなら、任意売却にかかる各種費用は物件を売却した金額から差し引かれるからです。加えて、物件の売却金額が残ったローンよりも低い金額であっても、場合によっては売却金額から引越し料金などとして現金を受け取れます。競売の場合だと引っ越しにかかる諸費用は自費でまかなう必要がありますが、任意売却の場合は転居費用及び新生活への準備金を売却金額から捻出することができるという大きなメリットがあるのです。このように、任意売却の際には現金を用意しておく必要はありません。しかし、無料でできるということではなく、費用自体はかかりますし、業者や専門家に支払う必要があるという点は忘れずに覚えておきましょう。

任意売却にかかる費用の内訳

不動産仲介手数料

任意売却は通常の不動産売買と同じなので、売買には不動産仲介手数料が発生します。不動産仲介手数料は物件の売却料金から差し引かれるのであらかじめ用意しておく必要はありません。

登記費用

不動産売却に必要な抵当権の抹消を行う際には、司法書士に支払う登記費用が発生します。登記費用も物件の売却料金から差し引かれますが、権利証を紛失している場合には手続費用を売却料金から差し引くことはできません。

マンションの管理費・修繕積立金

任意売却する物件がマンションである場合は、管理費や修繕積立金が滞納している場合もあります。こうした費用も物件の売却料金から差し引くことが可能です。ただし、駐車場代、延滞損害金、水道代などは控除されない場合があるので注意が必要です。

引越し費用

引越し費用も物件の売却料金から控除できる場合もあります。ただ、引っ越し代金も含め、新しく家を借りる際にかかる費用は準備しておいた方が良いでしょう。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら