岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 多治見不動産流通

多治見不動産流通

多治見不動産流通キャプチャ画像
引用元HP:多治見不動産流通HP
(http://www.tajimi-estate.com/)

多治見市、土岐市の不動産売却に強い多治見不動産流通

多治見不動産流通は、多治見市、土岐市をメインに業務を行っている不動産業者です。持っている土地や家屋を売却して次のステップに入ろうという人でも、不動産売却の経験や知識がないと不安なことは多いものです。しかし、多治見不動産流通なら、不動産売却の経験がない人でもわかりやすい売却プランを提示してくれます。

また、無理に売却を勧めることもありません。無理がある状況ならストップをかけてくれます。もちろん、売却だけでなく不動産の買い取りや借家についての相談も受け付けてくれるので、さまざまな案件を相談することができます。現在、空き家の増加が大きな社会問題となっていますが、そうしたことについても適切なプランを提示してくれます。

多治見不動産流通の魅力

多治見不動産流通が対応しているサービスのポイントはいくつかありますが、中でも代表的なものを3点紹介します。

無料査定で物件の売却プランを立ててくれる

多治見市、土岐市エリアのマンションや土地、戸建てなどの不動産の売却なら、多治見不動産流通がおすすめです。多治見不動産流通なら、一人ひとりの状況に合った売却プランを立ててくれるでしょう。しかも、無料査定が可能なので気軽に依頼できます。

特に、「手持ちの不動産を売却したいけれどなにから手を付けていいかわからない」という人には、無料査定がおすすめです。最初にわかりやすい売却プランを立ててもらえれば、その後の手続もスムーズに理解できるでしょう。ほかにも、住宅ローンの残りをどうすればいいかわからない、仲介で不動産を売り出しているがなかなか買い手がつかないといったような相談も受け付けてくれます。

空き家の有効活用についても相談できる

現在、空き家の有効活用について悩んでいる人が増えてきています。放っておけば老朽化するけれど、費用をかけて管理しても誰も住んでいないから意味がない。そうした空き家を有効利用するための手段が賃貸なのです。しかし、不動産賃貸の経験がないと、賃貸にはなかなか手が出しづらいものです。

しかし、多治見不動産流通に任せれば安全に不動産賃貸を始めることができます。利回り物件を探している人の相談から、契約やリフォームのやり方など、不動産賃貸を始めるためのサポートをしっかりしてくれます。また、融資相談や税務相談についてもサポートをしてくれます。

公式サイトで物件の中の様子を動画で見られる!

多治見不動産流通では、豊富な賃貸物件・売買物件を取り扱っています。公式サイトからも直接物件情報を検索することができ、便利です。特に、賃貸物件・売買物件ともに、最初に戸建て、マンション、土地などの種類ごとに現在取り扱いのある物件数を表示してくれるので、すぐに物件の種類ごとの取扱数がわかります。

また、一つ一つの物件情報に関しても情報がしっかり提示されています。各種情報や外観・内観の写真のほかに、実際に建物の中に入って中を見ることができる動画があるのが大きな特徴でしょう。玄関から各部屋を、まるで実際に歩いて見回しているように360度見ることができるので、PCやスマホで簡単に中の様子を見ることができます。

会社情報

会社名 多治見不動産流通
所在地 岐阜県多治見市太平町1丁目14番地1
スプリングコート多治見103号
営業時間 9:30~18:30
不動産販売 あり
免許番号 岐阜県知事(1)第4873号
所属団体 全日本不動産協会会員、不動産保証協会会員
URL http://www.tajimi-estate.com/

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら