岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 知っておきたい家・土地の売却ガイドin岐阜 » 不動産売却のタイミング

不動産売却のタイミング

不動産相場の動きに着目する

当然のことですが、不動産をより高く売るには不動産相場の動きに着目しなくてはいけません。不動産売却でより大きな利益を得る方法は、「安い時期に購入した不動産を、高く売れる時期に売却する」ということになります。極めてシンプルな答えですが、これを実行するには、これから先はもちろんのこと、過去の不動産相場の動向も把握しておかなくてはいけません。

理想的には、底値のときに購入した不動産を、売値がピークに達したときに売るというのが最高のタイミングとなりますが、そうした相場の変わり目を見極めるのはプロでも困難です。最高のタイミングを待っている間に相場が下落してタイミングを逃してしまうということも珍しくはありません。そのため、基本的には「買ったときよりも相場が高くなっていたら売りどき」というスタンスでいるのがいいでしょう。

また、不動産相場は社会情勢の影響を大きく受けます。事実、2007年から2008年にかけては上昇傾向だった不動産相場は、2008年9月のリーマンショックの影響で一気に下落してしまいました。不動産相場の変動を読み取るには、社会情勢についてもチェックしておくことが大切です。

売りやすさは季節によっても異なる

不動産の相場に影響を与える要素としては、季節があります。日本では年度の変わり目が4月なので、新年度や新学期を迎える人びとが激増します。それに合わせて、1~3月くらいから住宅を買い始める人が増え、不動産相場も上がっていくのです。

特に、子供を持つ家庭では、子どもが新学期を迎えるのと同時に引っ越しや物件の購入を行うケースが多いので、この時期は1年を通しても狙い目だと言えるでしょう。ただし、4月を過ぎるとみんな新しい住居に落ち着いてしまうので、不動産購入の勢いはピタリと止んでしまいます。

同じように引っ越しや不動産購入が増える時期が、秋口に入った9月頃です。ただし、この時期の不動産購入の勢いは4月に比べると小さなものなので、やはり季節で狙うとしたら1~3月を狙うのがいいでしょう。1月に入った頃から売出をスタートし、2~3月で売却を行うのが理想的なタイミングでしょう。

ただし、4月9月は売りどきであると同時に、激しい競争が起こる時期でもあります。不動産売却で利益を上げたいという人たちは、みんなこの時期を狙って売出を始めるので、必ずしもこの時期に売り出せば買い手がつくとは限りません。

築年数にも着目しよう

築年数も、不動産物件の売却に大きな影響をもたらします。日本では、不動産の価値は基本的に新築時がもっとも高く、築年数を経るごとに価値は下がっていきます。また、築年数を経たことによる価値の下がり方にも波があります。まず、新築から1~2年で価値は大きく下がります。次に価値が大きく下がるのは築15年目です。そのため、できるだけ高い価格で不動産を売却するには、築10年以内に売却するのが適切であると言えます。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら