岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 知っておきたい家・土地の売却ガイドin岐阜 » 不動産の売却方法

不動産の売却方法

買取と仲介の違いとは?

自分の持つ不動産を売却したいと思っていても、不動産売却が初めてだとどうやって売却すればいいのかわからないという人も多いでしょう。そこで、ここでは初心者のための不動産売却方法について解説していきます。

不動産を売却するには、「買取」と「仲介」のふたつの方法があります。では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

買取

買取は、依頼者が売り主、不動産業者が買い主となって、売却したい不動産を不動産業者が直接買い取るという形態です。不動産業者を見つけて、納得行く価格を提示してもらえれば売却すればいいので、買い手を探す必要がありません。さらに、すぐに売却できればまとまったお金もすぐに手に入るので、なるべく早く事業資金などを調達したいという人にはこちらがおすすめです。

仲介

仲介は、依頼者が売り主、不動産を買いたい人が買い主となり、不動産業者がその仲介を行うという形態です。仲介を務める不動産業者は、独自の情報網やコネクションなどを駆使して不動産の買い手を探してくれるので、買取に比べて高い価格で不動産を売却できるのが特徴です。ただし、すぐに買い手が見つかるとは限らないので、資金回収に余裕があるという人に向いている方法と言えるでしょう。

買取のふたつの方法

 不動産売却方法のひとつである買取は、さらに「即時買取」と「買取保証」のふたつに分けられます。ここでは、それらについて説明していきましょう。

即時買取

即時買取とは、名前の通り売り主が不動産会社から提示された買取価格に同意すれば、すぐに不動産を買い取ってくれるという方法です。広告などを用いた販売活動を行ったり買い手を探したりする手間が発生しないので、現金化までの時間が早くなっています。そのため、とにかく早くまとまった額のお金を用意したいという人に適した方法です。ただし、その分買取価格は市場価格に比べて安くなってしまうという弱点があります。

買取保証

買取保証とは、一定期間は不動産業者による仲介で販売活動を行い、その期間中に不動産が売れなかった場合には、前もって不動産業者との間で取り決めてあった金額で、不動産業者に買い取ってもらうという方法です。仲介の場合は、買い手がつかないといつまでたっても不動産が売却できない、いつ売れるかわからないという弱点があります。買取保証は、この弱点をカバーできる不動産売買方法であると言えるでしょう。なお、仲介の段階で売買が成立した場合は仲介手数料が発生しますが、不動産業者に買い取ってもらった場合は仲介手数料は発生しません。

不動産買取のメリット・デメリット

不動産買取には、メリット・デメリットがあります。それらをしっかり把握しておけば、せっかく不動産を売却したのにかえって損をした、デメリットのほうが多かったというような事態を防げます。

メリット

直接の買取なら仲介が発生しないので、仲介手数料が発生しないというメリットがあります。売買価格によっては仲介手数料も高額になるので、これは大きなメリットだと言えるでしょう。また、すぐにまとまった額のお金を用意したいという人には、短期間で不動産を現金化できるのは同じく大きなメリットとなります。広告などを行わないので、近隣の人に不動産売却を知られる心配がないというのもメリットでしょう。

デメリット

早く現金化できる代わりに、その価格は市場価格よりも1~3割ほど安くなってしまいます。これは、買い取った不動産を再販売するために造成・リフォームを行わなくてはいけないからです。また、買取の場合は築浅や条件の良い物件だとリフォームしなくても再販売が容易なので、買取よりも仲介のほうが適しています。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら