岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 良心的な不動産会社の選び方 » 大手不動産会社or地元不動産会社

大手不動産会社or地元不動産会社

大手業者、地元業者どちらが良い?

不動産業者を選ぶ場合、全国レベルでネームバリューのある大手を選ぶべきか、住みたい地域に関して詳しい地元の業者を選ぶべきかで悩みます。それぞれのメリット・デメリットについて確認してみましょう。

大手業者のメリット

大手企業の1番のメリットはそのネットワークにあるでしょう。地元の人だけに限らず、全国にはその土地にある物件を買いたい人が多くいます。大手の場合、多くの顧客がいるのでその分広く情報を流せるのです。また、宣伝にかける費用も潤沢なので、顧客以外に物件を求める人の目に留まりやすくなります。

大手業者のデメリット

大手業者は地元の業者に比べると、地域の特性や土地柄に関して、理解力が劣る点が挙げられます。

また大手業者の場合、担当者1人に対して複数の顧客がつくものです。そのため、「安くてもいいから、早く売ってほしい」という売却主を優先する場合も。「○○千万以上でないと売らない」といったように、売却条件を厳しくすると対応を後回しにされる可能性があります。

地元業者のメリット

地元業者は売却したい物件がある土地の特色についてよく理解しています。また、独自の顧客情報をもっているので、固い買主さんを紹介してくれる場合もあるでしょう。また、土地の過去の売却データをもっているので、より良い条件で売れるよう力を尽くしてくれます。

地元業者のデメリット

やはり地元で不動産の売却をしていると言う点で、顧客数が少ないのがデメリットといえるでしょう。ただし、質の高い顧客が多いので条件さえあえば良い売却ができます。 地元業者のもう1つのデメリットとしては、マンションや一戸建てなど不動産の種類によっては売却力が弱くなる可能性があります。

物件の特徴別で考えた「大手」vs「地元」

築年数が古い物件を売却したい!

地元企業がおすすめ

地元企業ならじっくりと買主を探してくれるので、売却主が提示する金額通りに売れるよう取り計らってくれます。一方で大手企業の場合、高値での売却よりも短期間で売却できるようにすすめる傾向に。古い物件を売却するなら、地元企業にお願いした方がいいでしょう。

人気の物件を売却したい!

大手企業がおすすめ

物件の需要がある土地の場合、全国に情報もがある大手不動産がよいでしょう。宣伝が十分にできること、顧客が多いことから物件の価格をあまり下げずに売却できます。広い土地を手放したときも、大手企業のネットワークは役立ちます。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら