岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 良心的な不動産会社の選び方 » 担当者は話しを親身に聞いてくれるか

担当者は話しを親身に聞いてくれるか

不動産売却の決め手は営業担当者にかかっている!?

不動産物件の売却を有利に進めるなら、担当者選びは重要なポイントになります。

とくに大手の不動産業者の場合1人の担当者が受け持つ顧客は多くなるので、対応が後回しにされたり雑になったりします。中堅・中小の不動産業者は人数が少ない分、親身に対応してくれますが「優しいけど物足りない…」という場合も。

確かな売却をすすめてくれる担当者選びのポイントを紹介します。

査定のときに、事前に準備しておくこと、気をつけること

査定のときには物件の図面や物件の修繕履歴などが載った書類を準備する必要があります。

売却理由や転居可能時期などの質問を受けるので、回答を準備するのも忘れずに。また、査定の際、間取りや収納など物件のなかにあるすべてのものがチェックされるので、購入者に見てもらうつもりでしっかりと家の清掃をしておきましょう。

査定時に必要な書類

  • 物件の図面
  • 物件の修繕履歴
  • リフォーム時の資料など

質問されること

  • 売却理由
  • 引越し時期
  • 希望する売却額
  • ローンの残債

本査定の結果が納得できるまでとことん質問しよう!

訪問査定が終わり売却額が出れば、次は売買を取り仕切ってくれる不動産会社を選びます。お願いする不動産業者が決まれば、本査定に進みます。実際に売却する価格を決める査定なので、納得できるまで話し合うことが大切です。

訪問査定で出た額と本査定で出た額が異なっていた場合、なぜそのような差が出たのか根拠をしっかりと確認しましょう。もし「この価格ならすぐに売れます、大丈夫です。」とあやふやな回答をするようであれば、注意が必要です。

ほかにも気になることがあれば、納得できるまで質問して疑問や不安な点を解消しましょう。誠実な担当者であればしっかりと答えてくれます。

売却の専門知識やノウハウは豊富か確認

不動産売却の担当者の実力を確認する1つの判断材料として、宅地建物取引士の資格の有無があります。不動産売却の営業は資格がなくてもできますが、売買契約時に重要事項を説明する際、宅地建物取引士の資格がなければ説明ができません。資格を持っている担当者と持っていない担当者では、安心感のあるのは前者だといえるでしょう。

資格のほかにも、住宅ローンや税金に関して豊富な知識をもっている担当者なら、物件売却の際にとても心強い存在になってくれます。

売却に向けた計画を練っているかも確認しましょう。経験の浅いもしくは未熟な担当者だと、売り主のタイミングを考えずに売却を進めてしまう場合もあります。経験豊富な担当者なら売り手の住み替えのタイミングやローン残債を考えた上で、売却をすすめてくれるでしょう。

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら