岐阜5エリアで不動産売却するならココ!地域密着不動産ガイドブック » 【岐阜エリア】岐阜市周辺での不動産売却

【岐阜エリア】岐阜市周辺での不動産売却

岐阜エリアの不動産売却情報

岐阜県中南部、岐阜市を中心としたエリアを岐阜エリアと呼んでいます。

こちらのページでは、岐阜エリア(岐阜市中心)の不動産売却事例をお伝えしていきます。岐阜エリアの特徴とともに、参考にしてください。

岐阜エリアの特徴と地域情報

分布市町村

  • 岐阜市
  • 各務原市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 本巣市
  • 山県市
  • 羽島郡(笠松町、岐南町)
  • 本巣郡(北方町)

の6市2郡3町で構成されています。

岐阜エリアの特徴

岐阜エリアは県庁のある岐阜市を中心としたエリアで、新幹線のJR岐阜羽島駅や在来線のJR岐阜駅があることから、岐阜市内にはホテルや温泉旅館が多数あり、観光の宿泊地としても最適なエリアです。

四季がはっきりとしたエリアでもあり、山間部は日本海側気候で一部地域は豪雪地帯に入り、それ以外の地域は太平洋側気候。全域では内陸性気候を併せ持ちます。冬季には「伊吹おろし」という北西からの季節風が吹きます。

岐阜市の中央には、夜景も美しい金華山。金華山の頂上に、岐阜市のシンボルでもある「岐阜城」がそびえています。戦国時代の武将・織田信長は、この岐阜城から天下統一を目指しました。金華山のふもとに広がる岐阜公園の一角では、今も信長・居館跡の発掘作業が行われています。歴史的にも重要な地域で、織田信長にゆかりのある歴史・観光スポットが多く存在します。また、岐阜エリア西側を流れる長良川では天然の鮎が取れ、鵜飼いが有名です。

人口

岐阜エリアは、岐阜市を中心とした岐阜県中南部を中心としたエリアの総称です。岐阜市、各務原市、羽島市、瑞穂市、本巣市、山県市と、羽島郡(笠松町、岐南町)及び本巣郡(北方町)で構成されています。

岐阜エリアの人口は、2019年6月1日の推計では793,352人、面積993.28km²、人口密度799人/km²です。岐阜エリアの人口は岐阜県全体の人口のおよそ4割を占めています。人口の中では岐阜市が占める部分がもっとも多く、およそ42万人です。

観光スポット

岐阜城

金華山の山頂にそびえる、織田信長が造営した城です。金華山およびその周辺の2,091,602.74平方メートルは岐阜城跡として国の史跡に指定されています。天守閣を楽しむには、ロープウェイを利用しましょう。ロープウェイの営業時間は季節によって変動する場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

長良川鵜飼

鵜を使って鮎を捕る伝統行事です。開催期間は5月11日から10月15日までとなっています。行われるのは「御料鵜飼」と「納涼鵜飼」の2種類です。「御料鵜飼」は、皇室に収めるための鮎を捕るために、普段は禁猟区に指定されている長良古津地区にて宮内庁式部職鵜匠による漁で、シーズン中に8回行われます。「納涼鵜飼」は遊覧船に乗って鵜飼を楽しむイベントで、7月から9月の土曜日に、1日2回行われます。

岐阜公園

岐阜公園は、金華山山麓にある都市公園です。近隣には、岐阜城・金華山、金華山ロープウェイ、岐阜市歴史博物館などのスポットがあります。1992年には岐阜公園周辺が「都市景観100選」に選ばれているほか、2006年には「日本の歴史公園100選」に選ばれている、人気の観光スポットとなっています。

岐阜エリアでの不動産売却事例

岐阜市の不動産売却事例
物件種別 一戸建て
沿線・駅 東海道本線岐阜駅徒歩62分/車で10分
物件所在地 岐阜県岐阜市正木
売却価格 1,798万円
土地面積 150.66㎡
建物/専有面積 108.97㎡
間取り 5SDK
築年月 昭和61年5月
取り扱い業者 栄楽不動産
各務原市の不動産売却事例
物件種別 一戸建て
沿線・駅 名鉄各務原線 二十軒
物件所在地 岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町2
売却価格 900万円台
土地面積 137.71㎡
建物/専有面積 93.57㎡
間取り 6DK
築年月 1981年2月(築37年10ヶ月)
取り扱い業者 (株)ブルーボックスハイパー1号店

岐阜市の地価動向

岐阜市における2019年時点の最新公示地価は平均で7万8561円/m2(※)、坪単価は平均で25万9706円/坪(※)となっています。前年のデータと比較すると、その変動率は-0.50%(※)となっています。また、2018年時点の最新基準地価は平均で9万7233円/m2(※)、坪単価は平均で27万9305円/坪(※)となっています。前年からの変動率は-0.42%(※)です。

鉄道沿線における土地相場の比較を見てみましょう。JR東海道本線沿線の平均地価は43万3832円/m2(※)となっていますが、岐阜市はこれを下回っています。また、名鉄名古屋本線沿線の平均地価は26万0761円/m2(※)となっていますが、こちらも岐阜市は下回っています。岐阜市内の基準点の地価を見ていくと、JR東海道本線、名鉄名古屋本線の駅舎に近いほど地価は高くなる傾向にあるようです。

岐阜市における土地取引では、土地代の相場を参照した上で物件の需要と供給の関係やマーケットの動向を参考にした上で、土地の売買価格が決まります。岐阜市内で実際に土地の購入や売却、住宅ローンによる借り入れなどを行う際には、不動産会社、不動産鑑定士、マンション管理士などの専門家による査定と見積もりを行なうのが通例となっています。

実際に岐阜市で行われた不動産取引を見てみましょう。2018年第1四半期においては、平方メートル単価で4万7472円/m2(※)、坪単価では15万6933円/坪(※)となっています。前年度と比較した変動率は-7.56%(※)で、低下傾向にあります。また、この平均取引価格は、公示地価・基準地価の平均に対して-43.81%(※)の変動があります。地価推移グラフを見てみると、岐阜市の地価は1991年をピークとして、2019年時点まで減少傾向にあります。そのため、下がる前に売却するのがいいでしょう。

(※)土地価格相場が分かる土地代データ|岐阜市の公示地価・基準地価・坪単価より(https://tochidai.info/gifu/gifu/)

岐阜市に拠点を置く不動産会社一覧

栄楽不動産

栄楽不動産は、岐阜市およびその周辺を中心として、地域密着型の業務を行っています。「簡易査定」「訪問査定」「買取査定」の3つの査定方法が用意されており、査定費用はすべて完全無料。また、不動産の即金買取にも対応しており、急ぎでまとまったお金が必要な人や早く物件を処分したい人などにおすすめの不動産業者となっています。

栄楽不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

美濃善不動産

美濃善不動産は、1957年創業の老舗の不動産業者です。当然実績も豊富で、経験豊富なスタッフも数多く在籍しています。取り扱っている物件も、一戸建て、マンション、土地など幅広いです。公式サイトの「売買ニュース」では、物件の写真を360度のパノラマビューで見ることができ、物件の細かいところまでしっかりチェックできます。

美濃善不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

うかい不動産

うかい不動産は、顧客に対してさまざまな情報をオープンにすることを信条とした不動産業者です。独自のオープンポリシーで鮮度の高い情報を提供することで、数多くの離床社から高い評価を受けています。そのおかげでFAXでの情報媒体「ゆうてっくらぶ」インターネットの情報媒体「ドリームゲート」の利用者は年々増加しているのです。

うかい不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

積和不動産

積和不動産は、積水ハウスグループの総合不動産企業です。積和不動産では、それぞれの事業部が独立しています。そのため、どの部署にも専門性の高いスタッフが在籍しており、不動産取引の精度を高めています。また、積水ハウス・積和不動産グループのネットワークを活用して、鮮度の高い情報を常に確保できるので、売却に最適なタイミングを逃すことがありません。

積和不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産は、大京グループの不動産流通部門です。その特徴は、売り主ごとのニーズに合わせて仲介、即時買取、買取保証などの各種料金を提示してくれることです。大京グループのネットワークを活用して、もっともいい条件での売却を提案してくれるので、不動産売却の経験がなくて不安な人でも安心して不動産売却にチャレンジできるでしょう。

大京穴吹不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

リアルエステート岐阜

リアルエステート岐阜では、ひとりひとり異なる不動産売却事情を鑑みながら、専門のスタッフが最適な売却プランを提案してくれます。売却活動の種類も豊富で、各種メディアへの情報掲載やインターネット広告のほか、不動産会社のネットワークも活用して、スピーディな買取を実現しているのです。また、急いで売却したいという人には、リアルエステート側での買取も行っています。

リアルエステート岐阜の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

マルヤスホームズ

マルヤスホームズは、岐阜エリアの中でも、特に則武、鷺山、正木、長良、島地区を得意とする不動産業者です。会員登録しておけば、希望の条件に合致した物件情報を見ることができます。自分の望む物件を見つけるのはもちろんのこと、相場を知るためにも会員登録をしておくといいでしょう。また、マルヤスホームズでは、物件の販売・売却だけでなく駐車場などの管理も行っています。

マルヤスホームズの特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

リライフ

リライフは、2017年5月設立の比較的新しい業者ですが、十分なノウハウを持っています。リライフの代表である鈴木卓人氏は大手不動産会社の店長や金融機関の支店長としてのキャリアがあるので、それを活かした経験や知識を生かしているのです。リライフは地域密着型のサービスを掲げており、細やかなフォローを提供してくれます。

リライフの特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

芥見地所

芥見地所は、1975年創業の老舗の不動産業者です。大手業者のように、上層部や関係部署とのやり取りに時間を取られることがなく、さまざまな要望に対してスピーディにレスポンスを返してくれるのが魅力となっています。また、小規模な業者ですがサポート体制は万全で、電話1本ですぐに査定してくれますので、急にまとまったお金が必要になったときでも安心です。

芥見地所の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

夢現工房

夢現工房は、主に岐阜市西南部を中心に業務を行っている不動産業者です。数多くの人が登録しており、岐阜市南西部・西岐阜エリア希望条件に登録している人は2018年12月時点で120名以上となっています。これほど登録者が多ければ、買い手も早く着くでしょう。また、営業・web担当者は経験豊富なスタッフなので、不動産取引におけるさまざまなトラブルを防いでくれます。

夢現工房の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

ウッディライフ不動産

ウッディライフ不動産は、岐阜市の中でも特に南部の物件に強い不動産業者で、昭和3年創業の歴史ある業者です。土地、新築戸建てをはじめさまざまな物件に対応可能で、売却も行っています。売却の際には無料査定をしてもらえますし、売却物件の特徴に合わせた広告媒体を選んでくれるので、的確な営業広告活動をしてくれます。

ウッディライフ不動産の特徴をもっと詳しく知りたい方はこちら

岐阜5エリアで不動産を売却するならココに相談!

西濃エリア

     
中村不動産
西濃でも大垣市を中心に不動産売却をするなら

中村不動産で
不動産売却の相談をする

岐阜エリア

     
栄楽不動産
有益な無料サービスを活用して上手に不動産売却をするなら

栄楽不動産で
不動産売却の相談をする

中濃エリア

     
早川不動産
物件ジャンルを問わず、中濃エリアで不動産売却したいなら

早川不動産で
不動産売却の相談をする

東濃エリア

     
芥見地所
CMでもおなじみの知名度優先で不動産売却を考えるなら

芥見地所で
不動産売却の相談をする

飛騨エリア

     
ロビン不動産
飛騨エリアに特化し、手慣れた対応で不動産売却を考えるなら

ロビン不動産で
不動産売却の相談をする

           岐阜5エリアで不動産売却を検討するなら
どのエリア物件を得意としている不動産会社に依頼するか、地域市場に理解・精通している地域密着の不動産会社に相談するのが、重要ポイントとなります。
詳細はこちら